【厳選】内定者・新入社員が読むべきおすすめビジネス書7選

こんにちは。5月に入り、4月に入社された方も入社から1ヶ月が経ったことと思います。私も妹が新社会人なのですが、学生の時とは違う環境の中で、色々悩むこともあるようです。

妹から新社会人におすすめの本を聞かれることがありましたが、考えてみるとおすすめしたい本が結構いっぱい…!ということで、今回は、私が入社1年目〜2年目にかけて様々なビジネス書を読んできた中で、実際に読んで役に立った!と思った本だけを厳選してまとめてみました。

新入社員だけでなく、来年就職を控えた内定者の方々にもおすすめしたい本ばかりなので、通勤・通学のおともにぜひ読んでみてください。

仕事への取組み方・心得

最強の働き方/ムーギー・キム

「自己肯定感」が高まり、前向きのエネルギーが満ちてくる1冊
~ユーモアに爆笑しながら、自己実現に必要な「新しい働き方」「自己肯定感が高まる生き方」を学べる1冊
「上司が部下に教えたいこと」「部下が上司に伝えたいこと」のすべてがこの1冊に
~著者が世界中の上司に怒られて学んだ教訓を、「下から目線」で書き綴ったユニークな1冊! 新人からベテランまで、すべての段階で差をつける「最強の働き方」を完全体系化

引用:Amazon

東洋経済オンラインの連載で人気のムーギー・キムさんが、世界中の一流のビジネスパーソンの「基本」を1冊にまとめた本です。「奇をてらった目新しいが的外れなことを紹介するのではなく、優先順位の高い本質が一冊に収まっているという包括性にこだわった本」と書かれている通り、これ一冊でちょっとしたビジネス書何冊分もの教訓が詰まっていると思います。

一つひとつの内容を深めるにはより専門的な本を読んでいく必要があると思いますが、一通りの基本をさらうのには超おすすめ。語り口もクスリと笑ってしまうようなところもあり、すぐ読めてしまいます。ビジネス書って色々あるみたいだけど何を読めばいいの…?という内定者・新入社員の方はまずはこちらを読んでみることをおすすめします!

働く君に贈る25の言葉/佐々木常夫

自閉症の長男、病に倒れた妻……。過酷な運命を引き受けながら、数々の大事業を成功させ、社長に上りつめたビジネスマンの逆風をしなやかに生き抜く「仕事力」と「人間力」とは――。今、20~30代の若手ビジネスマンは、先行き不透明な将来に対する不安と閉塞感を抱えながら必死で頑張っています。そうした若者に、どう働き、どう生きるべきかを、苦難のビジネスマン人生を生き抜き、「本物の幸せ」を手にした佐々木常夫氏がやさしく説く一冊。

引用:Amazon

甥への手紙という形で、社会人として、一人の人として幸せに生きていくためのエッセンスがまとめられた本です。わかりやすく、語り掛けるような文体で温かい言葉が書かれており、かつ様々な困難を経験した筆者ということでとても説得力があります。

私も何回か読み返していますが、読むたびに違った箇所で感銘を受ける1冊です。何かに迷ったり悩んだりした時にもおすすめ。

コミュニケーション術

実例で必ず身につく! 一瞬で大切なことを伝える技術/三谷宏治

世界一シンプルな思考法で、論理的な人に変わる。「重要思考」を使えば、ビジネス、家庭、教育、人づきあいがうまくいく。営業、企画立案、部下指導、宣伝・PR、子育て…etc.12の成功例を収録。

引用:Amazon

上司や同僚とのコミュニケーションに悩んだ時におすすめ。「重要思考」という考え方を使って、伝わる「伝え方」を教えてくれる本です。

私は、本屋さんでパラパラーっと読んでみて、理論中心だという1冊目よりもいいかな~と思い実例中心の2冊目から読んでみましたが、大正解でした!物凄くシンプルで、スッキリ整理されており、納得できる箇所がとても多かったです。

人を動かす

あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著。
人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、
長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに説き起こす。

引用:Amazon

言わずと知れた名著です。「実例で必ず身につく! 一瞬で大切なことを伝える技術」より長いですが、さらに深めたい方はぜひ。どのようにすれば、人に好かれ、人を説得し、人を動かすことができるのか、その原則をわかりやすく解き明かした本です。

ひとつひとつの原則が明確で、例も豊富。かなり前に書かれた本ではじめは躊躇していたのですが、とても読みやすいので、すぐ読めてしまいます。この原則に従って、社内面談や留学に向けた奨学金面接などを乗り切ったといっても過言ではありません、、!就活生にも良いかも。

ビジネスマナー・スキル

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ/河野英太郎

仕事を効率的に進め、着実に目標を達成するための今すぐできる仕事のヒント、教えます。会社で生きぬく「武器」を身につけろ―あなたのスキルを瞬時に上げる87のテクニック。

引用:Amazon

仕事をする上での具体的なコツを、報連相(ホウレンソウ)、会議、メール、文書作成、チームワーク、目標達成など8つのテーマに分けて具体的に教えてくれる本です。

個人的には、報連相のコツとメールのコツが新入社員時にかなり役立ちました!会社のビジネスマナー研修などでそれなりに報連相やメールに関しては学ぶと思いますが、もう一歩踏み込んで更に仕事の効率や効果を高めるのにおすすめの本。1つのコツを見開きで説明しているので、目次を読んで、今知りたいと思っているところから読むのも良いと思います。

知っておくべき教養

働く君に伝えたい「お金」の教養/出口治明

20代の新しいお金づきあい入門!お金の不安に支配されたまま、あと60年生きるつもりですか?5つの講義で、一生使える「お金」の教養を手にしよう!世界一シンプルな財産管理術、アマでもできる投資法、20代の保険選びの鉄則、親と相続について話すときのポイントなど…後悔しないための知恵が満載!

引用:Amazon

元ライフネット生命CEOの出口さんが20代向けに、投資や貯蓄など、お金に関する基本的な考え方や、付き合い方を書いている本です。

働き始めるまでお金のことをほとんど知らなかったので読みましたが、私のような初心者にもとても読みやすかったです。特に、「20代は、将来のライフイベントの為に漠然とためるよりも、そのための能力を付けるために(結果フローが入り続けるようになるために)自分へ投資する時期」という意見がかなりしっくりきて印象的でした。

未来の働き方を考えよう/ちきりん

IT化やグローバリゼーション、人生の長期化により、私たちの社会は、今、猛スピードで変化しています。
これからの10年を、楽しくワクワク生き抜くためには、私たちに必要なものはいったい何なのでしょうか? 働き方はどう変化し、私たちはどのように対応すべきなのでしょう?
月間200万PVを誇る人気ブロガーのちきりん氏が、これから起こりうる変化を読み解き、未来の働き方を提案します。

引用:Amazon

人気ブロガーのちきりんさんがこれからの働き方について書いている本。自分の人生をどういうものにしたいのか、そういう人生を生きるためにどんなスキルで「稼ぐ(ぎたい)」のかを考えるきっかけになる本です。

ちきりんさんの本はどれも論理的で面白く、おすすめなのですが、特に内定者・新社会人におすすめなのがこちらです。仕事を始めたばかりなのにそんな先のことは考えられない!と思われるかもしれませんが、これから更に忙しくなり、自分の働き方を見つめる機会も少なくなっていくかもしれません。働き始めたばかりの今だからこそ、自分の働き方や生き方を考える機会を持つと良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。GWも残すところあとわずかですが、5月病を退治するためにもぜひこれらの書籍を読んで見てはいかがでしょうか。

基本的な考え方やスキルを身に付けることで1年目のスタートダッシュの手助けになれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です